『西加奈子と地元の本屋』大阪の本屋発行委員会(編)
556824c22b34929f0c001102

『西加奈子と地元の本屋』大阪の本屋発行委員会(編)

¥380 税込

送料についてはこちら

定価:380円(352円+税) 判型: A5判・無線綴じ 頁数:32ページ 編者:大阪の本屋発行委員会 発刊:2014年6月13日 最近では「書店員が書いた本」も「書店員をインタビューした本」も珍しくありませんが、書店員と販売会社(取次)が企画・編集・執筆を行い、出版社を動かして本を出版したという例は初めてかもしれません。 6.21(土)公開の映画『円卓 ~こっこ、ひと夏のイマジン』の原作『円卓』をはじめ、地元・大阪の言葉でひとびとの物語を紡ぐ作家・西加奈子。彼女とその作品に対するリスペクトからこの本は企画されました。 A5判・本文32ページとミニサイズですが「薄くて濃い」のが特徴の1冊です。 その中身は・・・? 〈誌面内容〉 1 お互いに認め合う大阪出身の作家による、 電車の中で読むのはお薦めできない対談 「大阪を書くのは、ほんまはしんどい」か? 西加奈子×津村記久子 〜書店員による書店員のためのイベント「書店員ナイト」特別対談を収録〜 2 大阪と言っても超ローカルの集合体。 40エリアの店には40種類の「売れ筋」がある なんでこの本、ウチでは売れるんでしょ? 3 地元作家をもっと売りたい書店員たちの、 本音とタテマエが飛び交う覆面座談会 本に“大阪らしさ”なんかいらん? 4 全国にその名が轟くカリスマ書店員が 西加奈子の家族に接近……実録ルポ いつかは跨ぐぞ! 西加奈子宅の敷居